雑学

歳を増すごとに一年が早く過ぎていく理由。

2016/05/28

こんにちは。さこです。

今は5月ですが、ふと思いました。

もう5月なのかと。

ついさっき年越ししたんじゃないかってくらい時間が経つのが早いです。
みなさんよく考えてみてください。5月に入ったということは、もう

1年の3分の1が過ぎさった。

…ということになりますよね。
これをどう捉えるかについては人それぞれあると思いますが、
僕はもうそんなに経つのか、という気持ちになります。

まだ未成年の方はえっ、まだ5月なの?という人もいるかもしれません。
僕も特に、小学生くらいの時は1年がとっても長く感じました。
ですが最近、時間が経つスピードが早くなってる感じがします。
調べてみたところ、他の方も同じようでして、
なんとこれには法則があるとのこと。
その法則なんですが、

ジャネーの法則

なんか、すごそうです。
ジャネーの法則とは、ウィキペディアによると、
主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、
年長者にはより短く評価されるという現象らしいです。
人生のある時期において、その心理的な時間の長さは
年齢の逆数に比例、つまり反比例するとのこと。
あなたが今15歳であれば1年の長さは人生の15分の1ということです。
自分の年齢を当てはめて計算してみてください。
ということは50歳の人が感じる1年は
1歳の赤ちゃんが1週間を感じる長さとほぼ同じということになります。
1歳の頃の記憶なんて全然ありませんが笑

また、大人になると新しい発見が少なくなっていき、
生活が単調化することにより時間があっという間に過ぎていく、
という見方もあるらしいです。
思春期の時期が一番大切であるというのは
こういうところからもきてるんですかね。

もしあなたが少年、少女であるならばその時間を大切に過ごしてください。
いや、大人の方は時間を粗末にしろというわけではありませんよ。笑
時間が早く経つということが心理学的に確かなものであるならば
より一層考えて日々暮らしていきましょう。
もし、お子さんがいらっしゃるのであれば、
いろんなところに連れて行って
たくさん思い出を作ってあげてくださいね。

僕には一つ夢があるんですが、
それは日本国内や世界のいろんなところを見て周ることです。
新しいものをたくさん発見して、いろいろ感じ、
そのうえで大好きな音楽や絵といったものに昇華できればと思ってます。
なので、今やってることというのはその環境を実現できるような取り組みです。

いろんなところに行くので、もしかすると
今見てくださっている方と現実ですれ違うかもしれませんね。

では、この辺で。
ありがとうございました!

-雑学
-, ,