雑記

その商品、なんと”タダ”。商品モニターの世界。

”タダ”より高いものはない、という慣用句がありますよね。辞書を引いてみるとそこには、「タダで何かをもらうと、代わりに物事を頼まれたりお礼に費用がかかったりして高くつく”」…とあります。

確かに欲しいものがタダで手に入りますよ、といわれるとまずその相手を疑いますよね?至極正しい反応だと思います。現代の資本主義では基本的に欲しいものはお金と交換します。誰でも欲しいものが楽に手に入る世の中であれば、努力なんて誰もしなくなります。自分が欲しいというものがあるのなら頑張って働いたお金で買う…、そうすることで上手く社会のバランスが取れるわけですね。

ですが、「商品モニター」という制度は大きなリスクを負わずにタダで商品を受け取ることができます。”大きなリスクを背負わずに…”というところがポイントです。残念なお知らせをしなければならないのですが、商品を無償で貰うだけ、という話はありません。ですが、このページから離れるのはもう少し待っていただきたいです。笑 疑っている方にご納得いただける話をします。

無償で貰うだけ、という話はないといいましたが、じゃあ何をするの?…と思われた方もいらっしゃると思います。では何をするのかというと…、

「感想を述べる」

これだけです。笑 冒頭で引用した辞書の言葉をモジらせてていただくと、「タダで何かをもらっても、代わりに物事を頼まれたりはするが、そのお礼に費用がかからないし高くもつかない」…ということです。笑

何故そんな楽をするだけで商品が貰えるのか、と大半の方々は思われるでしょう。ですが、そこには楽から生まれる貴重な「価値」があるということです。先ほど、資本主義ではお金と欲しいものを交換するといいましたが、企業からしてみるとあなたのその「感想」にお金と同じ価値を感じています。

企業は商品を開発しますが、その商品は誰もが欲しがるものでないといけませんよね。売らないとその企業が潰れてしまいますから…。自社でも徹底的に議論し改良を重ねていくわけですが、お客様にご納得いただける商品を作るにはお客様に聞いた方が早いわけです。

結果、誰もが欲しがる商品を開発することができれば当然売れます。モニターさんにタダであげた商品分のコストを余裕で回収することができるというわけです。どうですか?怪しい話ではなく非常に合理的な考えだと思います。笑

商品モニターにもいろいろありまして、文字通りタダでもらえるものや通常価格より割引してもらうもの、購入した後に現金や商品の価格相当のポイントがもらえるもの、などたくさん種類があります。

もし暇を持て余しているというのであれば一度調べてみてはいかがでしょう。あえて紹介はしません。笑

では、このへんで。

 

-雑記
-, ,