雑記

イギリスがEUから離脱する理由、日本への影響を読みやすいようにまとめてみた。

先日、イギリスでEUに残留するか、離脱するかどうかを決める選挙が行われました。その結果、なんと離脱派の票が残留派の票を上回る結果に…。その結果を受け、イギリスのキャメロン首相が辞任するなど世界的にも関心を集めています。あまりこのニュースに関心がない方もおられるとは思います。ですが、とても大事なニュースであるため、そんな方にもすぐ読めるようにとバカなりにはですがまとめてみました。

 

EUとは?

まず、EUとは何かおさらいしてみます。EUは欧州連合ともいい、英語ではEuropeanUnionと書きます。略してEUなんですね。

第2次世界大戦。世界中でたくさんの犠牲者が出てしまったわけですが、ヨーロッパ各国もまたしかり。同じ悲劇を繰り返さないために、また経済的に復興させるためにはどうすればよいかが議論されました。

そして誕生したのがEUです。(前身の組織については割愛させていただきます)EU加盟国間(シェンゲン協定内)ではパスポートやビザなどが不要で人が自由に出入りできます。また自国を守るために設けられる関税がかからないようにし、EU間での商品の流れがスムーズになりました。政治的な統合をも目指しています。なんだか1つの国のよう…。そうなんです。みんなで協力し合って1つの国のようにまとまり、大きな力をつけようということなんですね。(決して武力的な意味ではありません)

イギリスがEUを抜ける理由

メリットがたくさんあると思われるEU加盟国ですが、なぜ離脱の話が持ち上がってきたのでしょうか。離脱派は「国の主導権を取り戻す」と主張しますが、実際は移民・難民の受け入れを止めたいというのが本音であるそうです。EU加盟国内では難民や移民の受け入れを拒否できないという法律があります。しかし、イギリスは社会保障が充実しており、移民・難民にとっては絶好の環境と言われています。EU内でもイギリスにそのような移民や難民が集まりやすい状況になってしまっているわけなんです。

移民・難民が増加することによって引き起こされる問題としては失業リスクの悪化、独自文化の衰退などが挙げられます。他の国から知らない人がやってきて仕事を奪われてしまうなんて、元々そこに住んでいた人からすれば嫌な話ですよね。文化に関していえばグローバル化が進むと否が応にもその平均化を避けられませんので、必ずしも移民・難民だけがその問題の中心にいるわけではないと思いますが。

Sponsored Links

では逆に、残留派の主張としては一体どんなものがあったのでしょうか。選挙の結果を受け、辞任を表明したキャメロンイギリス首相は残留派でしたが、離脱すれば、イギリスは欧州マーケットの中心であるロンドンの信頼を失い、金融関連産業の失業者も増加するとしていました。

イギリス、ロンドンと言えばヨーロッパでも代表的なマーケットとして有名で世界各国から企業や金融機関などが拠点として身を置いています。しかし、イギリスがEUから離脱してしまうとそこから他のヨーロッパ(EU加盟国)に展開しようとしていた企業や金融機関が他のEU加盟国に移ってしまうのではないかと言われているのです。それほどEU内の繋がりというものは強いです。

イギリスがEUを離脱した時、日本が受ける影響

遠く離れた場所にある私たちの国、日本。イギリスがEUを離脱したときの影響はどの程度のものなのか気になるところです。他人事のように考えていると危険です。というのも世界経済は一国の不況でもろに全体がダメージを食らってしまいます。

まず、イギリスがEUから離脱してしまうとイギリスの国としての信用が低下します。その結果、イギリスの通貨であるポンドを持っている人がいらないといって売ってしまうため価値が低下してしまうのです。

イギリスのポンドが安くなればポンドを持っている人が他国の商品を買いにくくなり購買力が低下します。経済は商品を売ったり買ったりしてお金が回ることで成り立っているため、買わない人がたくさん出てくると経済が悪くなってしまうのです。イギリスの購買力低下はヨーロッパ全域の不況を招きかねません。

日本も商品を輸出しようと思った時にイギリスやヨーロッパの人たちが買ってくれないのは大問題ですよね。商品が売れないとお金が入ってきません。大不況の発端となりかねないのです。

おわりに。

いかがでしたか?自分の生活に関わってくるかもしれないと考えるとあまり無関心でいられなくなると思います。今後、イギリスのEU離脱によって世界経済がどのように推移していくのか注目していきたいところですよね。

では、このへんで。ありがとうございました。

 

Sponsored Links

-雑記
-, ,