アスリート

EURO2016、ドイツ対イタリア。その勝負の行方は?

2016/10/22

おはようございます。sakoです。EURO2016準々決勝、今大会屈指の好カードともいわれるドイツ対イタリア戦が始まっています。目覚ましをセットしておいたのですが、23分寝坊しました。(泣) ですが、TVをつけてみるとまだ0ー0。少しだけほっとしました。…ほんとに少しだけですが。笑

前半はお互いの良さを消すような試合展開に。緊張感があり、やや硬さが見られたような気がします。ボール支配率、シュート本数というデータ上では五分ですが、流れはイタリアの方にあるのかと。(受け売り。笑)

そのまま前半は終わりハーフタイムへ。そのシーンを見ていなかったのですが、前半にドイツのケディラが負傷交代した模様。今大会において非常に見ごたえのあるカードですが過去W杯、EUROでドイツがイタリアに勝ったことがないという「ジンクス」も気になるところです。タレントだけをみるとドイツが有利かと思われますが、一体どうなるんでしょう…。笑

後半早々、ミュラーの強烈なシュートがありましたがなんとフロレンツィ(?、おそらく)が逆足でブロック。なんという反射神経。自分の中では間違いなくここまでのハイライト。笑

先制点は65分、エジルが落ち着いて決めました。それまでは正直あまり良さが見られませんでしたが、この場面で今大会初ゴールを決めます。

流れが変わるのか、その後もエジルのらしいパスからマリオゴメスが抜け出しヒール気味のシュート。ですが、それは守護神ブッフォンに右手1本止められます。

Sponsored Links

71分、そのチャンスを作ったマリオゴメスがドラクスラーと交代。少し足を気にするような仕草がみられました。

76分、これまで好守備を見せていたボアテングがペナルティエリア内でまさかのハンド…!これをボヌッチがノイアーの様子を見ながら冷静に右隅へ流し込み試合をイーブンに戻します。ドイツからするとこれが今大会初失点となってしまいました。

ドイツが先制したときは、流れがドイツに傾いたように見えたのでそのまま逃げ切るかと思ったのですが、いやー面白くなってきましたね。笑 また、わからなくなってきました。

そしてなんとそのまま後半も終了。勝負は延長戦に持ち越されることになりました。

延長戦に入っても両者一歩も譲らず…。延長戦でもゴールが生まれることがないまま、PK戦へ突入…!

 

…とここで。

お仕事の時間がやってまいりました。

 

 

シュバインシュタイガーがPKを外し、もう時間的にも観れないので、ここまで…。(涙) 本当は90分で決着がつき余裕をもって家を出るつもりでしたが…。笑

(書いているブログそのまま放置。)

 

そして帰宅後…。

 

ドイツ勝利!!………以上です。

 

ありがとうございました。(泣)

 

 

 

Sponsored Links

-アスリート
-, , , ,