女性芸能人

有村架純さんの母親に会える!?経営する日本酒バルの名前と場所は?

2016/10/22

NHKの朝ドラ『あまちゃん』でブレイクした女優、有村架純さんを知らない人はもういないでしょう。連日テレビでみない日がないのでは?と思わされるほど人気がありますよね。最近だと、フジテレビの月9枠で放送された『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に出演していたのが記憶に新しいです。また、羽海野チカさん原作、『3月のライオン』の実写映画化が決定し、そこに出演することにもなりました。

そんな有村架純さんですが、今、お母さんの経営する日本酒バルが注目されているようです。有村架純さんのお母さんと言えば、架純さんとグラビアアイドルとして活躍する新井ゆうこさん2人を女で一つで育てたお母さんとして知られています。会社員として娘2人を働きながら育て、さらに独立し日本酒バルを経営するなんてかなりパワフルなお母さんですね。

では、バルとはそもそも何なのか? バルは「bar」と書きます。英語の「バー」と同じですよね。それをスペイン語で呼ぶとバルになるわけです。私たちがイメージするバーはお酒だけのイメージがありますが、バルはそんなバーと食堂が一緒になったようなお店という位置づけになっているようです。

有村架純さんのお母さんが経営されているバルは日本酒バルということで、日本酒をのみながら軽食を楽しめるお店といってもよいでしょう。

では、そのお店はどこにあるのでしょうか。気になるところですが、「酌-syaku-」という名前で経営されているそうです。

場所は兵庫県伊丹市中央4丁目4-10伊丹中央ビル1Fですね。

火曜から日曜日まで営業していて、月曜日がお休みとなっているそうです。営業時間は17:00~24:00、ラストオーダーが23:30となっているそうです。

お店はまだ4月にオープンしたばかり。店内には座敷席が3つ、6人が座ることができるカウンタ―があり、合計25人ほどが入れる造りになっています。

全国から厳選した100種類以上の日本酒とそのお酒に合う料理を提供しているそうで、かなり本格的。まだオープンしてから3ヵ月ほどにもかかわらず、夜8時には満席となってしまうとのことなのでその評判の良さが窺い知れるでしょう。オープンしてからまだ日が浅いことや、お店では娘である架純さんの名前を一切出していない事などからお店の実力だけで繁盛させていることがわかりますよね。

これからは有村架純さんのお母さんが経営している日本酒バルとしてさらに知名度が高まっていくことでしょうから、さらに入れないお店になっていくと思われます。笑 ですから、今のうちに予約をしてそのお酒と料理を味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

-女性芸能人
-, , , , ,