アスリート

全米テニス決勝、ジョコビッチ対ワウリンカ!試合結果は!?

2016/10/22

全米オープンテニスの決勝が始まっています。途中からしか見ることができなかったのですが、今から見ています。
20160912-00010003-tennisd-000-1-view

今年の決勝は絶対王者ノバク・ジョコビッチ選手と錦織圭選手を倒して勢いに乗るスタン・ワウリンカ選手が相見えることとなりました。僕の予想ではやはりジョコビッチ選手優勢かと思ったのですが、意外や意外。なんとワウリンカ選手がリード。スコア速報で確認したところ、第1セットは7-6でジョコビッチ選手。このまま一気に行くかと思われましたがその後ワウリンカ選手が6-4、7-5とセットを連取。ん…?どこかで見たような覚えが。錦織パターンやんけ。錦織圭選手は惜しくも力尽きてしまいましたが、ジョコビッチ選手は果たして王者の意地を見せることができるのか…!

僕は第4セットからテレビで見ることができました。巻き返したいジョコビッチ選手でしたが、ワウリンカ選手が順調に自分のゲームをキープするのに対し、いきなり自分のサービスゲームを落としてしまいます。なんとか第4ゲームでサービスゲームをキープしますが、左足の親指を気にするジョコビッチ。その直後にメディカルタイムアウトをとり治療を行っていました。試合は続行できる模様。

その後のワウリンカ選手のサービスゲームでジョコビッチ選手が粘りをみせるもワウリンカ選手キープ。このあと、ワウリンカ選手のスーパープレイも飛び出しました…。ジョコビッチ選手のドロップショットで前に走らされるも見事追いつきそのまま対角線上にドロップ返し。ネットにかかりながらもここしかないというところに落ちます。これはさすがにジョコビッチ選手でも取れません。

その後ジョコビッチ選手は再びメディカルタイムアウト。今度は右足の人差し指ですか。痛そうです…。本当にテニス選手というのはギリギリのところで戦っているのだなと感じさせられました。

互いにキープしあい、ワウリンカ選手の最初のマッチポイント(チャンピオンシップポイント)が訪れます。ですがここはワウリンカ選手のボールがネットにかかりデュース。次はジョコビッチ選手を走らせ余裕をもってボレー。再びマッチポイント。ジョコビッチ選手が粘りをみせるかと思われましたが、なんと最後のボールはジョコビッチ選手のボールがアウトに。決着がつきました…。最終的なスコアは6-7、6-4、7-5、6-3でワウリンカ選手の勝利!

ワウリンカ選手が見事優勝!!王者ジョコビッチ敗れる…。

 

ジョコビッチ選手のコンディションが残念でしたがとても見ごたえのある試合でした!

では、このへんで。ありがとうございます。

 

 

-アスリート
-, , , , , ,