日記・芸能

2016ノーベル化学賞、日本人受賞ならず!”分子機械”でジャンピエール・ソバージュ氏ら3氏に…!

ノーベル化学賞受賞者が発表されました。残念ながら日本人の受賞とはなりませんでしたね。受賞されたのは外国の方。ジャンピエール・ソバージュ(jean pierre sauvage)、フレーザー・ストッダート(sir j.fraser stoddart)、バーナード・L・フェリンガ(bernard  l feringa)の3氏が受賞となりました。

といいますか、今youtubeで見ていたのですが、発表直前から音声がならなくなりました。汗 僕だけでしょうか?まあどのみち英語聴き取れないですけれども。笑

受賞者は分かったのですが、研究の内容が英語のため分かりませんでした。バカで申し訳ございません。苦笑

分かり次第、追記いたします。

追記

3氏は”分子機械”の研究による受賞とのこと。分子機械ってなんなのでしょう?調べてみました。

分子機械とは?

分子機械は、身の回りの機械のように、並進や回転などの制限された動きを誘発する分子や分子集合体を意味するそうです。この分子機械は大きく生体分子機械と合成分子機械に分けられます。専門的になりすぎるので説明できません。笑

名前の通り、”機械のような動きをする分子”であり、その大きさは10億分の1メートルながらも僕らの身の周りにある機械のような動きをするとのこと。

…なんかもうすごすぎですよね。人間の体内は科学技術がいくら進んでも届かない有機的な領域があるのではないかと思っていたのですが、分子レベルの大きさでも人が自在に操ることができるとなるともう全て思い通りになりそうな気がしてきました。笑

どのように応用されるのでしょうか。これから注目ですね。

では、このへんで。

大隅良典がノーベル医学・生理学賞受賞!「オートファジー」って何?

-日記・芸能
-, , , , , , , ,