音楽

レナードコーエン死去…。代表曲”ハレルヤ”、wiki経歴について。

カナダのシンガーソングライターであるレナード・コーエンが82歳で死去したとの訃報が入ってきました。伝説的なシンガーソングライターと言われているレナード・コーエンですが、あまり彼について知らないので調べてみます。

レナード・コーエンの経歴

レナード・ノーマン・コーエンは1934年9月21日にカナダのモントリオールで生まれました。9歳の時に服飾店を経営していた彼の父親が死去。そのショックで違法ドラッグに染まってしまうコーエンは13歳でギターを弾き始めます。

1951年、マギル大学に入学、在学中に詩集「Let Us Compare Mythologies(邦題:神話を生きる)」を出版。1961年に出版した「The Spice-Box of Earth」が話題になりカナダで詩人として知られるようになりました。

1960年代に入ると、詩だけではなく小説家としても活動。作品として「The Favourite Game 」、「Beautiful Losers」などがあります。特に「Beautiful Losers」は日本でも集英社で翻訳、出版されました。(邦題:嘆きの壁)

彼の詩がボブディランのプロデューサーであるジョン・ハモンドの目に止まり、1967年「レナード・コーエンの唄」でシンガーとして全米デビューを果たします。

代表曲”ハレルヤ”

彼の代表曲はなんといっても1984年の「Various Positions(邦題:悲しみのダンス)」に収録されている”ハレルヤ”。あのU2のボノが世界で最も完璧だと語ったと言われる同曲は、ボノを始め、ジェフ・バックリー、ウィリーネルソンなどさまざまなビッグネームにカバーされてきました。

まとめ

ハレルヤは聴いたことがあるので、彼の曲だと知ってびっくりしました。同じような方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。

では、このへんで。ありがとうございました。

 

 

-音楽
-, , , , , , ,