ニュース

”菌”発言教師の名前や画像、処分は?問題の一連の流れ!いじめ相談されるも…。【新潟原発いじめ】

2016/12/10

残念なニュースです。新潟市の小学4年生の男子児童が名前に”菌”をつけて呼ばれていると担任の男性教師(40)に相談したところなんとその教師にも”菌”呼ばわりされるという問題が発生していたことが明らかになりました。

追記
担任の名前特定か…?下記に別記事へのリンクを貼っています。

なぜ”菌”?

東日本大震災が起きたのは2011年3月11日ですが、児童やその家族はそのころに新潟へ自主避難していました。菌呼ばわりされるいじめが始まったのは児童が小学3年生であった去年2015年…。

いじめ問題になりますが、なぜ”菌”を名前につけて呼ばれていたかというと、この児童が5年前に家族とともに福島原発事故の影響で福島県から避難してきたことが理由であるそうです…。原発や放射能のネガティブなイメージがそのようなあだ名に繋がったのだと思います。ひどすぎです。

児童が担任の男性教諭に相談するも…。

嫌がらせが続いていた中、先月2016年11月上旬に、テレビで自主避難していた横浜市の中学生が同じく”菌”呼ばわりされいじめられるというニュースが流れました。

11月17日、それをきっかけに児童も担任の男性教師に「自分も菌とつけられて呼ばれている」と相談します。しかし5日後…。

 保護者によると、児童は11月22日、担任から昼休みに教室で連絡帳を渡された際、ほかの児童がいる前で、自分の名前に「菌」をつけて呼ばれた。この日は早朝、福島県で最大震度5弱の地震が発生。児童は福島県で働く父親と連絡が取れないまま登校した不安感も重なり、強くショックを受けた様子だったという。祝日をはさみ、24日から学校を休むようになった。

いやいや、お前が生徒を守らずに誰が生徒を守るんだよと。しかも、他の児童がいる前での発言ということで非常に無神経な発言といえます。生徒のいじめに教師が乗っかってしまうともう終わりでは…?

さらに「嘘」で保身に走る…。

さらに”菌”発言のみならず事情を聴かれて嘘をついていたことも明らかになりました。

保護者が問題視して学校に連絡。学校が担任に事情を聴くと、担任は当初、「相談を受けているわけだし、私は絶対にそういうことは言わない」と否定した。だが11月29日、別の教諭らがクラス全員に聞き取り調査をした結果、複数の児童が「自分もそう呼んでいた」「担任の先生もそう呼んだ」などと答えた。

私は絶対にそういうことは言わない…。どのような顔をして発言したのでしょうか。このような人間が20年近くも教師を務めていたことが驚きです。教え子がちゃんと育っているか心配になってくるレベルです。

男性教師の名前や画像は?

この男性教師の名前や画像を調べてみましたのですが、情報がありませんでした。あくまでもまだ”問題”の段階ですから当然といえば当然なのかもしれません。逮捕されていないわけですからね。しかし、名前や顔画像が世間に晒されてもおかしくないようなことをしてしまったと思うのですがどうでしょう?

世間の関心が高まることで情報が出てくるかもしれないので引き続き目を光らせたいと思います…!

処分は?

具体的な処分についてはまだ明らかにされていませんが、市教育員会職員課の吉田隆課長は「福島は帰りたくても帰れない状況で、お子さん、ご家族につらい思いをさせているのは残念。適切な対応をしていきたい」とコメントしており何らかのペナルティを課すことを示唆しています。もう辞めさせた方がいいです。僕個人の意見としてはこの問題は一発でアウトだと思います。教育方法以前に人格がなっていません。今後この教師は何も生むことはないです。

まとめ

まだ出てきたばかりのニュースなのでこれからいろいろ情報が入ってくるかもしれません。情報が入り次第随時更新していきたいと思います。

では、このへんで。ありがとうございました。

 

追記

”菌”発言が明らかになった後、担任教師は以下のように話しているそうです。

担任は「菌の意味ではなく親しみを込めた発言だった」と釈明。「児童に謝罪したい」と話しているという。2日の授業は別の教諭に担当させた。

(毎日新聞)

「絶対にそういうことは言わない」と説明してバレたらこれですか…。何なんでしょうこの人。本当に人間性が疑われます。「児童に謝罪したい」というのも謝るだけでこの問題を終わりにしたいという魂胆が見え見えです。上は適切な対応を取ってほしいですね。

坂井東小学校の山田隆一?菌発言教師の名前がネットで挙がる!


 

 

-ニュース
-, , , , , , , , ,