ニュース

陸自350人がノロウイルスに!?原因や感染経路は!?食中毒の可能性も!【静岡小山町富士駐屯地】

静岡県小山町の陸上自衛隊富士駐屯地で自衛隊350人が下痢や嘔吐などの症状を訴えていることが明らかになりました。

御殿場保健所はノロウイルスの感染や集団食中毒の可能性もあるとみて調べている。
富士駐屯地によると、同駐屯地の自衛隊員と、他の駐屯地から業務で来ていた自衛隊員の計約350人が今月9日夜から10日にかけ、下痢や嘔吐(おうと)、発熱などの症状を訴えた。うち十数人は症状が重く入院したというが、全員退院し、快方に向かっているという。
御殿場保健所は、ノロウイルスの感染や、食べ物が原因の集団食中毒の可能性もあるとみて、施設の食堂を検査するなどして、原因を調べている。

(読売新聞)

原因、感染経路についてはまだ調査中とのことです。情報が入り次第更新したいと思います。

一般的なノロウイルスの感染経路って?

今回の下痢や嘔吐がノロウイルスによるものという確証はありませんけれども、一般的なノロウイルスの感染経路を振り返ってみたいと思います…。

一般的なノロウイルスの感染経路は貝類(ノロウイルス汚染)などを生で食べた場合、ノロウイルス感染者の触れたものや便からと言われています。「接触感染」はもちろん、「飛沫感染」、「空気感染」でも発症します。

今回は350人がほぼ同時に感染したということで、もしかすると食事をつくる糧食班にノロウイルス感染者がいてそこから爆発的に感染が広がったのではないでしょうか。ちなみに糧食班で食事を作るのは専門の料理人ではなく配属された隊員で、訓練でけがをして休養が必要になった隊員が配属されたりするようですね。

まとめ

それにしても350人ってすごい数です…。助けを求めようにも周囲も同様の症状で苦しんでいたら普通の人間であればパニック状態に陥ってしまうのではないでしょうか。これが学校や職場だったらと考えるとぞっとします。

全員退院したということでほっとしました。しかし、他人ごとではありませんね…。もう冬になってノロウイルスが流行する時期です。僕たちも予防対策に取り組んでいきましょう…!

では、このへんで。ありがとうございました。

 

-ニュース
-, , , , , , ,