ニュース

サカナクションのサイトがカラッキングの被害に!唐澤貴洋(からさわたかひろ)って誰!?恒心教?ハッキングとの違いって?

人気ロックバンドであるサカナクションがカラッキングの被害に遭ってしまったようです。今現在サイトは元に戻っているようですね。よかったです。

それにしてもカラッキングって僕も初めて聞いたのですが、一体どういう意味なのでしょう。

C7M2xbUVoAE_192 (1)

カラッキングされたサカナクションのサイトです。ファンの方はびっくりしたに違いありません。

カラッキングって何?

カラッキングはそれ自体はハッキングと意味が変わらない行為のようです。しかし、ホームページを改ざんするものの中で、唐澤貴洋のイラストや恒心教の宣伝などに置き換えられてしまう被害をカラッキングと呼ぶことが多いのだそう。愉快犯ですね。ちなみにカラッキングは唐澤貴洋の苗字にかかっています。

CvS3OAyUsAACx9g

被害に遭った時点のサカナクションサイトを見てみると、

「HACKED BY TAKAHIROKARASAWA」とあります。

何も知らない僕は、「からさわたかひろ?名前言っちゃったよ。いや、コードネームか??」…などと思っていたのですが(苦笑)、ハッキングしたのは唐澤貴洋さんではありません。

唐澤貴洋って誰?

唐澤貴洋は弁護士です。1978年生まれ、東京都出身です。「インターネットに詳しい弁護士」として非常に有名であり、ネット掲示板やブログでの誹謗中傷の対応に対応していたりします。

 

唐澤貴博はハッキングした犯人ではなく、おそらくハッキングした犯人が”ネタ”としてイラストを使っているのではないかと思います。ネット掲示板で”有名”な唐澤弁護士。あることから、一部のネットユーザーから誹謗中傷を受けるようになります。そこまでが少し、長いのでニコニコ大百科より引用しました。

なんでも実況Jにいるとあるコテハンが3年間ほぼ毎日煽り中傷を含めた自分語りを繰り返し、身の回りに関する断片的な情報掲示板に残していたため、なんJ民達の積もりに積もったヘイト爆発し、2ちゃんねる全体でもまれに見る規模の特定騒動・誹謗中傷が始まった。

彼はたび重なる批判中傷に耐え切れず弁護士に相談する。その相談相手こそが、唐澤貴洋であった。

相談を受けた唐澤氏はさっそく2ちゃんねる運営削除要請を申請、同時に中傷書き込みをしたPCの発信者情報開示を行い[4]、自らの個人情報されてしまったなんJ民達の間で唐澤氏の名はく間に広がった。

余談であるが、一部のなんJ民がバレないようにとある別サイトにて唐澤氏を中傷する内容の書き込みを行ったが、これも速な対応により削除されている。その時の管理人からの警告がこちらである。[5]

法律事務所様の画像を使ってカードを作成しない
唐澤様個人を誹謗中傷・または過度に礼賛したり格化するような内容のカード投稿してはいけない以後、唐澤氏を中傷するだけでなく(もちろんからかい的で)格化することも封じられたなんJ民は、もはや唐澤氏の話題自体タブーになってしまったはずだった・・・。

 

しかしながら、当初は怯えていたなんJ民達も、誹謗中傷によるIP開示の次の段階である民事訴訟が確実ではないことを知り、またそもそも誹謗中傷とは関係のレス[7]や自身の業務への純な批評[8]までIP開示を行ったり、事務所twitterアカウントでアイドルのアカウントをフォローするスパムブログを開設し宣伝する[9]等の言動が明らかとなったに至り、「無能」の烙印を押すと共に、誹謗中傷の対唐澤氏にまで拡大させた。

誹謗中傷によりIP開示されること、そしてIP開示自体にはそれほど大きな意味がいことを知ったなんJ民達は、どの程度の誹謗中傷なら開示されないのか、というチキンレースをやり始め、いつしかきっかけとなったコテハンだけでなく唐澤氏への誹謗中傷増してしまった。

 

恒心教って何?

カラッキングには”恒心教”というのも関わってきますが、こちらも初耳です。調べてみたところ、どうやら実際に存在する宗教団体ではなく、ネットで”創作”された団体のようですね。

前述した通り、唐澤弁護士に誹謗中傷が増す中で、「唐澤貴洋がオウム真理教信者である」といったデマのネタも広がっていきました。そして「恒心教は心理の御霊最唐澤貴洋尊師を教祖とする宗教である」などといったデタラメから生まれたのです。

まとめ

被害に遭われたサカナクションのメンバーやスタッフは本当にお気の毒でした。そして今回サカナクションという知名度があるロックバンドのサイトがカラッキングされたことにより、唐澤貴博という名がネットに詳しくない全国の一般層にまで広がってしまった感がありますよね…。

唐澤貴洋弁護士はこの現状をどのように見ているのでしょうかね…。

ではこのへんで。ありがとうございました。

 

 

-ニュース
-, , , , , , , , ,