ニュース

山本晃久の画像や動機は!?父親の飲み水にメタノール…!殺人未遂で逮捕!【兵庫県加古川志】

衝撃のニュースです…。父親の飲み水に”メタノール”を混ぜた長男が逮捕されました。

兵庫県警加古川署は11日、同居の父親(52)が飲む水にメタノールを混ぜ殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで兵庫県加古川市平岡町土山、長男の会社員、山本晃久容疑者(27)を逮捕した。
逮捕容疑は2月6日午後11時ごろから同7日午前9時半ごろにかけて、自宅でペットボトル入りの飲料水に、メタノールを含む市販の液体を入れ、父親に飲ませ殺害しようとしたとしている。
同署によると父親は、水を飲んだ直後に違和感があり110番。病院に運ばれたが、異常はなく、後遺症も残っていない。山本容疑者は「父がいなくなれば良いと思った」という趣旨の供述をしている。山本容疑者の生活態度や交友関係を巡り、父親が度々注意していたという。

「父がいなくなればいいと思った」…。そんな簡単に父親の命を考えてしまっていいのでしょうか。山本晃久容疑者の生活態度や交友関係を注意していたということですが、それはおそらく山本容疑者のためを思っての発言だったと思いますよ…?27歳でそれも分からないっておかしくないですかね?

山本晃久容疑者の画像や顔写真は?

山本晃久容疑者の画像や顔写真などが気になりネットを調べてみたのですが、確定的な情報がありませんでした。しかし、フェイスブックを覗いてみると同姓同名で加古川市出身、居住の人物を発見。容疑者である可能性が高いと思われます(100%ではないです)。定時制の高校に通っていたみたいですね。

そもそもメタノールとは?

メタノールはアルコールの一種として知られています。致死量は人によってばらつきがあるみたいです。少し飲んだだけで確実に死ぬということはないようですが、万が一誤って飲んでしまった場合、失明や死亡のリスクが伴うそうです。

被害者の父親は異常がないということでとても運が良かったと思います。

まとめ

27歳にもなって「父親がいなくなれば良いと思った」なんておかしいですよね。そして山本晃久容疑者が”殺したはず”の父親がまだ生きているわけですが、どのような心境なのでしょう。後から我に返り、「生きていて良かった」と感じるのか「なぜ死ななかったのか?」と感じるのか…。

これから確実にこの親子の縁は切れるでしょう。父親からすれば大事に育てたはずの息子に殺されかけるなんて本当に気の毒です…。もしかするとまだ現実に起こったことをのみ込めていないのでは?と思います。

この先の2人の関係性について、少し想像しただけでも胸が苦しくなってしまいますよね。どうすればこの親子が良い方向に進んでいけるのか僕には分かりません…。

 

…ではこのへんで。ありがとうございました。

 

-ニュース
-, , , , , , , ,