ニュース

マダニ感染症SFTSの対策や症状、治療法は!?猫を媒介し女性が死亡…!【重症熱性血小板減少症候群】

マダニ感染症により女性が死亡したとのニュースが入ってきました…。

厚生労働省は24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した猫にかまれた女性が死亡していたことを明らかにした。厚労省は同日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出した。ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、哺乳類を介して人が死亡したことが判明したのは世界で初めてという。

国立感染症研究所によると、平成28年5月~7月、弱った野良猫を保護しようとした西日本在住の50代女性が猫にかまれた。女性に重大な持病などはなく、約10日後に死亡した。半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かった。

SFTSは国内で初めて感染が判明した23年から今年6月末までに266人の発症例があり、そのうち57人が死亡。致死率は21%に上る。

世界初…、なんて言われるとかなり注目して見てしまいます。まさか保護しようと思った猫から感染して命を落としてしまうなんて…。

マダニ感染症SFTSの症状は!?

マダニ感染症の症状には一体どのようなものがあるのでしょうか?調べてみたところ、発熱や食欲低下、嘔吐、下痢などがあるようです。それだけではなく、頭痛や筋肉痛、リンパの腫れ、咳など症状が多岐に亘る模様…。これらの症状からすぐにマダニ感染症という病気へたどり着くのは難しそうです。また、さされてすぐではなく、1週間から2週間後に症状が現れるということで、忘れかけた時に発症するのも怖いところです。

マダニ感染症SFTSの対策や治療法は?

症状を聞くだけでも恐ろしいマダニ感染症SFTSですが、やはり一番の対策は根本的な話ですけれどもダニに噛まれないようにすることでしょう。ダニが多く潜む場所へはなるべく肌を露出しない格好で、虫よけスプレーなどを持参することですね。

治療法に関してなのですが、なんとまだ新しい病気といことでワクチンや特効薬がない状況…。

万が一、噛まれてしまった場合、無理に引きはがそうとすると危ないのでそのまま医療機関に向かったほうがよいとのこと。

まとめ

これまでダニに噛まれる、というのは蚊に刺される程度なのかなとぼんやり考えていましたが、まさか死に至ってしまうケースがあるなんて初めて知りました…。考えを改めなければいけません。しかし、家の中などにいるダニなどから感染するのはほとんどないということで少し安心しました。

最後に、今回亡くなった女性の方には心からご冥福をお祈りいたします。

ではこのへんで。ありがとうございました。

 

 

-ニュース
-, , , , , , , , , , ,