ニュース

ジャンヌモローの死因や代表作、家族は?89歳、パリの自宅で死去…。

フランスの女優であるジャンヌ・モローさんがフランス、パリの自宅で死去していたことが明らかになりました。

Jeanne

 映画「死刑台のエレベーター」「恋人たち」「雨のしのび逢い」「突然炎の如く」など数々の作品で知られるフランスの大女優ジャンヌ・モローさんが31日、パリの自宅で死去した。89歳。フランスのメディアが報じた。

フランス国立高等演劇学校で演技を学び、1948年にデビュー。「死刑台のエレベーター」(58年)「恋人たち」(58年)でルイ・マル監督、「突然炎のごとく」(62年)でフランソワ・トリュフォー監督と組み、ヌーベルバーグ時代を彩った。

リュック・ベッソン監督(58)の「ニキータ」(90年)などにも出演。ジャン=ジャック・アノー監督(73)の「愛人/ラマン」(92年)ではナレーションを務めた。2013年には10年ぶりの主演作「クロワッサンで朝食を」が日本公開された。

60年に「雨のしのび逢い」でカンヌ国際映画祭主演女優賞を受賞。映画界への多大な貢献から、97年にヨーロッパ映画賞生涯貢献賞、2000年にベルリン国際映画祭金熊名誉賞を、03年にカンヌ国際映画祭パルム・ドール名誉賞を授与された。

(スポネチアネックスより)

 

CtcA6rCVYAAjZVc

若い頃のお写真です。とても美しいですね。

 

ジャンヌ・モローの死因は何?

ジャンヌ・モローさんの死因が気になったので調べてみたのですが、まだ日本のニュースなどでは死因についてまで報道している媒体がありませんでした。あとから報道されるのでしょうか?

ジャンヌ・モローの代表作は?

代表作は引用記事にもあるように、『死刑台のエレベーター』、『恋人たち』などがあるようです。…僕はあまり映画に詳しくないのですが、さすがに死刑台のエレベーターくらいは聞いたことがあります。(みてはいない)日本でも阿部寛さんが主演でリメイクされたことでも話題になりました。

 

家族はいるの?

ジャンヌ・モローさんのプライベートについてなんですが、1948年に俳優のジャン=ルイ・リシャールさんと結婚するも離婚、1977年には映画監督であるウィリアム・フリードキンさんと結婚していますが、2年後にまたしても離婚しています。

結婚生活は合わなかったのでしょうか?

まとめ

フランスを代表する大女優さんということでフランスでは悲しみが広がっていると思います…。日本でも映画ファンが落ち込んでいることでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

ではこのへんで。

 

 

-ニュース
-, , , , , , , , ,