日記・芸能

大森浩平の作品や経歴、SNS(インスタ・ツイッター)アカウントは?

2017/10/26

前回ボルトとナットの精密な絵が話題になっているという記事を描きましたが、今回はさらに大森浩平さんについて深掘りしていきたいと思います!

大森浩平のインスタ・ツイッターなどのSNSや経歴?

大森浩平さんの経歴やインスタ、ツイッターなどのSNSアカウントが気になったので調べてみました。

大森浩平さんのインスタやツイッターなどのSNSは姉である大森静佳さんもツイッターで宣伝していたように、

ツイッターアカウント
https://twitter.com/kohei6620?lang=ja

インスタアカウント
https://www.instagram.com/kohei6620/

になります。
続いては大森浩平さんのプロフィールは経歴などについて!

大森浩平さんは岡山出身で年齢は今現在で23歳になるみたいです。
SNSのアカウントから平成6年6月20日生まれといことがうかがえます。

兄弟は歌人でもあるお姉さんの大森静佳さんとは別にお兄さんもいるようです。
ちなみにお兄さんも絵が上手いということで、「どんな兄弟だよ!?」ってなってしまうのですが、本当にすごいですよね。
こんなに兄弟揃って芸術的な才能があるとなると、ご両親ももしかするとそういう道の人なのかな~?なんて想像してしまいますよね。

ご両親はどんな人なのだろう?と思って調べてみたのですが、残念ながら情報がありませんでした…。
ですが、ご両親ともものすごい才能を持った方なのだろうと推測しております。笑

 

続いて、大森浩平さんの経歴についてなのですが、美大出身なのかな~なんて思いながら情報を調べてみたのですが、残念ながら大森浩平さんの詳しい経歴などについては分かりませんでした…。汗

お姉さんの大森静佳さんが京都大学文学部出身(!?)ということで大森浩平さんももしかしたらすごいのかも…!?
しかし、絵描きの人はいわゆる”高学歴”の人とは頭の使い方が違うような気がするのでやっぱり美大ですかね?

 

ちなみに大森浩平さんのツイッターを眺めていたら、どうやら海外ドラマがお好きなようで。
ラルクやガクトさんがちょいちょい出てくるのでもしかしたらファンなのかもしれません。

大森浩平が鉛筆画を始めたきっかけや1日の作業時間は?

大森浩平さんが鉛筆画を始めたきっかけは大学入試のためだそう。
ということで、大学はほぼ美大で決まりでしょうかね?

え?待って…?大森浩平さんって今23歳で鉛筆画を始めたのが大学入試のころとなると、そんなにまだ経ってないですよね?

なんと、大森浩平さんはまだ鉛筆画を始めてまだ約4年ほどらしいです。
人間4年でここまで何かを極めることができるか…。
(しかし、大森浩平さんからすると、「まだまだ」という感じなのでしょうか?)

まだ4年という期間だったら、1日の作業時間がすごいんじゃないの?
…と思った皆さん。そう思いますよね?(僕もそう思いました。)

ですが、なんと大森浩平さんの1日の絵を描く作業時間というのがなんと2~3時間だそう。(まあ、僕はそれすらも続きませんが。苦笑)
絵を描く天才って1日に6時間とか10時間とか絵を描いているイメージがありますが、それと比べると意外と短いです。

おそらく大森浩平さんの場合はその2~3時間にあんなものやこんなものがギュッと凝縮されているのでしょう。
まあ語彙力が足りないですけれども、その時間内の集中力がすごいということです。笑

集中力もそうですけれど、大切なのはやはり継続するということなのだろうなと思いました。
もちろん、彼にはものすごい才能があると思うので他の人が同じようにできるかと言われればもちろんできないですが、人間毎日2~3時間の作業を数年続けるだけでもこんなに変わることができる!と希望を抱かせてくれますよね。

僕も頑張りたいと思います。笑

大森浩平の他の作品は?

大森浩平さんのボルトの絵以外の作品も気になったのですが、彼のSNSにたくさん投稿されていました。

 

Sponsored Links

インスタグラムには画材がアップされていました。
鉛筆何種類あるんでしょうか?しかもめっちゃ尖ってるし…。
お絵かきは鉛筆1本で♪
というノリの僕からしてみると本格的すぎてついていけません。苦笑

どれも素晴らしいです。
投稿された作品に添えられた一言を見てみると、彼にも”妥協”というものがあるみたいです。
しかし、そのレベルが我々凡人と違いすぎていて…。(困惑)

やはり見ている世界が違うというか、「ここまででいいよな」という基準のものさしがすでに違う気がします。

まとめ

大森浩平さんすごいです。
何が凄いって、もちろん絵の巧さはもちろんなんですが、その集中力ですよね。
一つの作品に何百時間かけるってもう僕からしたら海の上を走るくらい難しいです。

どうやったら一つのことに集中できるのでしょう?
参考にしたいのですが。笑

ではこのへんで。ありがとうございました。

ボルトとナットの精密な絵(細密画)がうますぎ!描いた人は誰?名前は?

 

追記

なんととくダネ!で大森浩平さんの特集が組まれていたみたいですね!
見たかった…。
その時間家にいないんですよ。苦笑
そしてレコーダーもぶっ壊れてるので録画もできないと。
まあ、分からなかったので録画のしようもないですが。

こうやって徐々にメディアへの露出が増えていったらもっと知名度も上がっていくでしょうし、きっと絵だけで食べていけると思います。
頑張って欲しいですよね…!

 

 

Sponsored Links

-日記・芸能
-, , , , , ,