夏空(NHK朝ドラ)のあらすじ、ストーリーやネタバレは?

19年前期の朝ドラの作品名が発表されましたね~。
「夏空」だそうです。
記念すべき100作目ということで、NHKも力を入れてきているでしょうが、気になるヒロインは広瀬すずさん!ということでこれは視聴率を取りに行っていますね。笑

いや~それにしても広瀬すずさんかわいいですね。
もう顔だけで視聴率が上がってしまいそうです。笑

作品と同時にヒロインが発表されるのは極めて異例ということですが、確かに言われてみればそうかも…。
異例なことをする、というのはやっぱりそれだけ注目を引きたいということだと思います。
広瀬すずさんもかなりプレッシャーを感じているでしょう…、と思いかけたのですが、彼女は肝が据わってそうなのでたぶん大丈夫でしょう。笑

 

さて、今回は夏空のあらすじ、ストーリーやネタバレなどが気になったので調べてみました。

夏空(NHK朝ドラ)のあらすじ、ストーリーは?

夏空のあらすじ、ストーリーはどういったものなのでしょうか??
ということでNHKのサイトを見てみました。

戦後、広大な北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマをお送りします。

戦争で両親を失った少女・奥原なつ。
傷ついた彼女を癒やし、たくましく育てたのは、北海道・十勝の大地と、開拓精神にあふれた強く、優しい大人たちでした。
やがて、成長したなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と根性を生かして、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジします。

十勝は年間を通じて雨雪が少なく、「十勝晴れ」と呼ばれる晴天が、豊潤な大地に実りをもたらします。

「夏空」は、そんな十勝の突き抜けた青空のような、すがすがしいなつの生きざまを描いたドラマです。

脚本家・大森寿美男によるオリジナル作品。
本作は連続テレビ小説100作目にあたります。

(NHKより)

北海道が舞台のドラマなんですね。
ということはロケ地もおそらく北海道でしょう。
当たり前か…。
放送は4月ということで、撮影中はまだ寒そうです…。

Sponsored Links

広瀬すず演じるヒロインの奥原なつって?

 

1937年、東京生まれ。大空襲を生き延びるものの、両親を戦争で失う。兄・咲太郎さいたろう、妹・千遥ちはると別れ、父の戦友だった柴田剛男たけおにひとり引き取られ、北海道・十勝に移り住む。柴田家の家業である酪農を手伝う中、持ち前の明るさを取り戻し、北海道移民一世である剛男の父・泰樹たいじゅから、開拓者精神とともに人生で大切なことを学んでいく。
高校卒業後は上京して、当時、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽やまだ てんようから、手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく。

(NHKより)

夏空(NHK朝ドラ)のネタバレは?

ということで大まかな『夏空』のあらすじ、ストーリーなどが分かったわけですが、もう早速内容が気になります。笑

ということでネタバレ情報がないかどうか早速調べてみたのですが、残念ながらさすがにまだそういう情報はありませんでした。苦笑

まあ最終的にはハッピーエンドで終わるでしょうが、その過程がどうなるか。。
恋もしちゃうんでしょうか?笑

アニメーターを目指す、ということで実際のアニメ制作の現場や仕事なども見られそうで楽しみです。
アニメファンも必見ですね。

十勝ってどんな場所?

北海道の十勝が舞台ということですが、十勝って聞いたことはあるのですが、どんなところか忘れてしまったので調べてみました。汗

おお。素晴らしい風景です。
もうすでにさっき読んだあらすじが脳内で再生されそうです。笑

この晴れ渡った青空と広瀬すずさん演じるなつの生きざま、心を重ね合わせているんですね…!

まとめ

記念すべき100作目ということで世間の注目も集めることになるであろう『夏空』ですが、NHKはその世間の注目にこたえることができるのでしょうか??
制作人のプレッシャーも相当なものだと思います。笑

今から楽しみです。
ではこのへんで。ありがとうございました。。

 

Sponsored Links