筒井歩夢ちゃん母親と父親の顔や名前は!?【大阪UR都市機構箕面粟生第3団地】

今日はクリスマスということで、
街は楽しそうな雰囲気に包まれていますが、
そんな中でもこのような事件が
おこってしまうのですね…。

25日午前2時10分ごろ、大阪府箕面市粟生間谷(あおまたに)西2丁目の「UR都市機構箕面粟生第3団地」の一室で「子どもが息をしていない」と母親(26)から110番通報があった。警察官が駆けつけると、長男の筒井歩夢(あゆむ)ちゃん(4)がベッドに心肺停止の状態で横たわっており、搬送先の病院で死亡が確認された。歩夢ちゃんには全身に複数のあざがあり、府警は暴行を受けたとみて捜査している。

 

心肺停止の状態になるまで殴るって
相当ヤバいですよね…。

また2歳になる次男にも
アザが見つかっているということで、
同じように暴行を加えていたものと見られます。

次男は児童相談所に一時保護されているということで
”なんとか助かった”という形になりますね。

 

筒井歩夢ちゃんとその母親、内縁の夫が
住んでいたのは

「UR都市機構箕面粟生第3団地」

とニュースに出ていますが、
住んでいる団地名まですぐに公表されるのは
珍しい気もします。。。

 

地図を見てみたのですが、
団地等が集まっている住宅街のようです。

 

Sponsored Links

 

筒井歩夢ちゃんの父親と母親の名前や顔画像は?

筒井歩夢ちゃんの母親と父親の名前や
画像などが気になりました。

…がしかし、残念ながら今のところ
情報はありませんでした。汗

ニュースをよく見てみると、
まだ”逮捕状の請求”という段階らしく、
今現在名前や画像が出ていないのも納得です。

もう、ほぼ逮捕でしょうから、
すぐに名前や顔画像などが
公開されると思います。

 

筒井歩夢ちゃんの両親が虐待した理由や動機は?

筒井歩夢ちゃんの母親と父親、
そしてその知人の男が歩夢ちゃんに
虐待した動機といのが、

”言うことを聞かないのでしつけで殴った”

ということらしいです。汗

 

”しつけ”で殴って心肺停止…。
…ってサイコパスかな?

大の大人が3人で
4歳の男の子に暴行を加えるのが
日常的に行われていた
という事実が信じがたいです。

しかも親が…。

 

そして不思議なのが、
母親が自分で

「息子が息をしていない」

と110番したところ。
心肺停止になるほど殴られるのをみて
それで自分から110番ってバカですかね?

母親はどういう立ち位置にいた?

今回の事件で内縁の夫とその知人は
「しつけとして殴り、母親も一緒にやった」
と供述しているようです。

しかし、母親はこれを否認。
やっていないといいます。

母親は嘘をついているのか…?
子どもを死なせておいて、
自己保身に走る…。

これは人間のくずじゃないか…。
と思いかけたのですが、
こうも考えられませんか?

”男2人が暴行しているのを恐怖感から見ていることしかできなかった”

母親は止めようとしたが、
自分も暴行されるのを恐れ傍観するしかなかった。
男の供述は嘘である、と。

Sponsored Links

…まあどっちにしろダメですが。

女と2人の男…関係性は?

報道では母親と内縁の夫、そして夫の知人、
歩夢ちゃんと弟の5人暮らしとありました。

ふと疑問に思うのです。

「なぜに夫の知人????」

 

親と子どもなら当たり前のように思えますが、
なぜ夫の知人まで一緒に暮らしているのか?

普通夫の知人まで一緒に暮らすとなると
母親はいやでしょう。
しかも、暴力をふるうような人間ですよ?

 

うーん。。ここのところも後々詳細が
明らかになってくるのでしょうか?
要注目です…!

世間の反応は?

 

僕はまだ子供がいないので、
本当の意味でこの事件の痛みを
知ることができないのかもしれません。

ネット上には、親の立場からのコメント
というのが多数見受けられました。

ニュースを見て痛ましいな…、
と思ってはいるのですが、
自分がもし子供を持つ1人の父親として
このニュースを目にしていたならば
また感じ方も変わっていたのかもしれません。

 

まとめ

せっかくのクリスマスなのに、
気分が害されてしまいましたよ…。汗

なんでこんな親が存在しているのでしょうか?

親が子どもを守り育てる、
というのはもう無意識にやることですよね?

殴って死亡させるなんて、
なんかもう遺伝子に欠陥があるとしか
思えないです。

 

そして僕が気になるのは
助かった弟の存在です。

兄は両親に殺されその両親は逮捕。

果たしてまともに育つのでしょうか??

”助かった命”を自分自身で”助かってしまった命”と
捉えてしまわないように周囲の人間が
大切に育ててあげてほしいなと思います…。

 

ではこのへんで。ありがとうございました。

 

Sponsored Links