スティーブンホーキングの死因(死亡理由)は何?病気?ALSの影響か!

速報です。
あのスティーブンホーキング博士が
死去したとイギリスメディアが
報じているようです。

…まじか。

スティーブンホーキング博士といえば、
「車椅子の天才物理学者」と言われており、
世界にもとても大きな影響を
与えていました。

真実なのか、どうか?
日本のニュースでも
報道しているかどうかを
調べてみたのですが、
今書いている時点では、
ニュースダイジェストで
速報として報じられている
以外にはありませんでした…。

Sponsored Links

スティーブンホーキング博士の死因(死亡理由)は何?

報道が真実であったとして、
スティーブンホーキング博士の
死因、死亡理由が気になりました。

しかし、調べてみても
まだニュースとして報道しているところが、
少なすぎて詳しい情報が
入ってきていません。

続報を待ちたいと思います。

スティーブンホーキング博士はALS(筋萎縮性側索硬化症)だった

スティーブンホーキング博士が
車椅子での生活を強いられているのは
ASL(筋萎縮性側索硬化症)という
病気の影響であることは
広く知られているところです。

やはり、死因として考えられるのは
ALSの影響なのでしょうか?

Sponsored Links

また、僕は知らなかったのですが、
ホーキング博士は過去に
”安楽死”をすすめられていたことが
あったようです。

その年はなんと1985年、
当時ALSの影響で(肺炎?)
危篤状態に陥ってしまった
ホーキング博士は
薬によって昏睡状態に、、。

生命維持装置につながれ
かろうじて命を繋ぎ止めている
ような状態であったときに、
医師から当時妻であった
ジェーンさんに
生命維持装置のスイッチを
切ることを提案されたと
語っています。

当時の医師からすると
まさかホーキング博士が
2018年まで生きていることが
驚きだったのかもしれません。

 

まとめ

ということで今回は
車椅子の物理学者として知られる
スティーブンホーキング博士の
死因について調べてきましたが、
残念ながらほとんど情報が
ありませんでした。汗

世界の物理学界に
多大な貢献をしてきた
スティーブンホーキング博士。

これこそまさに
”一つの時代が終わった”
といえるのではないでしょうか?

これからテレビなどでも、
スティーブンホーキング博士の
特集が組まれたりすることが
増えたりすると思いますが、
ゆっくり彼の功績を
振り返ってみたいと思います。

ご冥福をお祈りいたします。。。

ではこのへんで。ありがとうございました。

 

Sponsored Links